入退室管理システム

ACCESS SECURITY

施設への人の出入りを管理するためのセキュリティシステムです。主な導入目的は、人を介した資産・情報等の外部流出の監視、及び部外者の施設への無断侵入の防止です。通常、施設への出入りは建物の開口部(主にドア)を通して行われますので、機器はドア周りを中心として設置されます。設置箇所がある程度多ければ、ドアを基準とした施設内での人物の行動追跡も可能となります。

機器としては、ドアの施錠状態をコントロールするデバイスと、IDを確認するための認証デバイス(主にカードリーダー)で構成されます。そして出入りをするユーザーはIDを証明するメディアを所持します。暗証番号や、生体認証(指紋等)をIDとして利用する場合もありますが、コストと認証スピードの点から非接触式のカードを所持するのが一般的です。この物理的なアクセス情報をネットワークを介し一元管理することで、企業の内部統制を強固且つスピーディーに実現します。

大きな流れとして、あらゆるデバイスがIP対応となってきており、‘アクセスセキュリティ=入退室管理システム’もその例外ではありません。‘ビデオセキュリティ=監視カメラシステム’や、‘侵入検知システム=機械警備システム’その他のセキュリティデバイス等も遍くIP化の波に乗っています。このことは、ソフトウェア側から見れば各デバイスは限りなく等価値に扱われることになり、これらの機器を目的に合わせて自由に組み合わせることを容易にしていきます。その結果よりパワフルで効率的なシステム がフレキシブルに実現可能になると思われます。

■カードリーダー ■アクセスコントローラー ■カード類

Bora Systems, Inc.